アーユルヴェーダ的髪の傾向


こんにちは。

farz_makeのMIHOです。


写真は 私の髪です。

ツヤツヤ サラサラですねーとよく言われます^^

触ると柔らかい質感ですよ^^


farz_makeに来たら 触ってみてくださいね^^



♦︎ヴァータ ピッタ カパの髪の傾向


アーユルヴェーダでは 

体質や性質を ヴァータ ピッタ カパで見ていくと

これまでお話しさせていただきました。

今日はヴァータ、ピッタ カパの髪や傾向

ついてお話ししていこうと思います。


【ヴァータの髪や傾向】

ヴァータとは 五大元素の中でも

風と空のエネルギー。

性質的には 軽い 動く 早い 冷たい 乾燥 不規則

自然界で見ていくとわかりやすいかもしれません。

風は 常に一定ではなく不規則です

乾燥し 冷たい質も持っています。


それを髪で見ていきましょう。

性質からもわかるように

ヴァータ傾向の強い方の髪はくせ毛の方が多いようです。

そして乾燥しやすい。


ヴァータの方は 

アイディアが豊富で これだ!と思ったものに

すぐに挑戦できる力を持っています。

ただし、過剰になると、あれもこれも!となってしまい、

落ち着きがなくなり、結局何もできていない。。。なんてことにも。


ヴァータが過剰になっていくと乾燥性のフケも出やすく

頭皮も硬い方が多いように思います。


【ピッタの髪の傾向】

ピッタとは 火と水のエネルギー。

性質的には 熱い 鋭い 軽さ 流動性 微油性


髪の傾向では 

ツヤがあり、毛量は多くも少なくもなく。

どちらかというと少ない傾向と言われています。

しっとりしている方が多いかもしれません。


ピッタの方は

計画的に物事を行っていき、強い意志のある情熱的な面があります。

ただ完璧主義になってしまったり、思い通りにいかないと

自分の中の火のエネルギーが増えて イライラの怒りが増してしまいます。


増えすぎると 白髪や 脱毛になってしまう傾向が。

頭皮も 炎症が出やすくなります。

クールダウンは 必須ですね!


【カパの髪と傾向】

カパとは 地と水のエネルギー。

性質的には 重い 遅い 冷たい 粘り 油性 安定性 油性

髪の傾向では

毛量も多く太く 黒々としている方が多いようです。


カパ傾向の方は 落ち着いていて安定性ががあり

地道に物事を進めていける力があります。


ただしダラダラした生活を続けているとカパが増えて

頭皮も髪も脂ぽい感じになりやすく重い感じに。


頭皮も むくみやすくなり ブヨっとしていきます。

ものや 感情も貯め込むという傾向もあります。


♦︎頭皮 髪から見る今の自分の傾向


生まれ持った本質(プラクリティ)というところでは変わりませんが

本質は乱れていきます。


本質的には、ヴァータな髪の傾向が強くても

生活の環境やストレス 年齢、季節などから

頭皮に炎症が出てくるなど ピッタ的な乱れに繋がることも。


乱れている原因は何なのか、そのためにはどうするべきなのか

アーユルヴェーダは教えてくれるんですね。


また次回からは そのお話にも進んできたいと思います。


今の自分の髪から見ていく傾向は

ヴァータかなのか ピッタなのか カパなのか。

それとも複合的なものなのか?


皆さんはいかがですか?


頭皮や 髪からも

今の自分と向き合うきっかけになっていくのでは?

と思っています^^



美容師が伝えるアーユルヴェーダからの美髪へのヒント

アーユルヴェーダをヒントに 髪と心のケア そして浄化へ 大人の女性のための 高円寺ヒーリング美容室farz_make

0コメント

  • 1000 / 1000